FC2ブログ










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

告白。6nd.

まだ続きます(´Д`)


どーも、ひろし(仮名)です。


最初から読んだほうが内容わかる気がしますけど、ここから読んでも大丈夫な気がします。。。



ミ「そういうの、マジちゃんとしといたほうがいいですよ!!」


とまぁ、力説するミナコ(仮名)ちゃん。



大きなお世話だよー!!



そもそも、「好き寄り」なんて言い方したけど恋愛感情云々の話ではなくて人としての好き嫌いの話を僕はユウキ(仮名)にしたんです!!


って、言いたかったんですけど…どうせユウキ(仮名)はオーバーに話をしてるだろうし、なんか言い訳したら



マキ(仮名)さんの立場がねぇよな…



まったく…
なんでこんな空気なんだよ…


ユウキ(仮名)のほうをチラッと見ると



すんごいニコニコしてました。



確信犯か!!!!



やられたぜ…



ちなみに今回の話にほとんど出てこないユウキ(仮名)の彼女はというと



ニッコニコしてました。



共犯か!!!!



やられたぜ



とまぁ、そんな四面楚歌の中で僕は男らしく



「好きだよ」



えぇ、言ってやりましたよ。


正直、気持ちはほとんどないのに告白なんて…どうなの?って思われるかもしれないんですけど、この状況を打破するにはこれしか浮かばなくて…


この先、どうなるかなんてわかんない。


付き合ってる間に好きになるかもしれないし…そういうのカッコ悪いけど。。


つーか、圧倒的にフラれる確率のほうが高いっしょ!!


ダイジョブ、ダイジョブー♪



マ「わたしも…」



ええええええええええぇぇぇぇぇぇェェェェェェェっっっっ!!!!!!?????



なんかよくわかんないけど、好きと言われた70%の嬉しさと10%の今後の不安と



20%のユウキ(仮名)への感謝



とか色々ありまして。


なんかよくわかんないうちに彼女できちまった…てな事態だということだけは理解でき。


現場は祝福モードになり、酒や歌やで大盛り上がりの一日になったわけです。



えっ?
告白シリーズの前に『告白された』って書いてあったのに、記事を読んだら『告白』してるじゃないかって?


えぇ。
そうなんです。


まだこの話は終わりではないのです。


次回:
夢の終わり!!
~それぞれの道~
スポンサーサイト
[ 2009/03/24 17:15 ] 男だって涙が出ます | TB(0) | CM(1)

告白。5nd.

まだ続きます(´Д`)


どーも、ひろし(仮名)です。


最初から読んだほうが内容わかる気がしますけど、ここから読んでも大丈夫な気がします。。。




雰囲気が変わってしまった元カノの姿を見てほうけていると


「何回か短く切ったりしたんだけど今は…ほら、長いでしょ?」


そう言いながら髪を近付けてくるマキ(仮名)さんに少しドキッとしながらも慌てず冷静に


「いい感じじゃん、似合ってるよ」


と、言ってその場をやり過ごすのでした。。


はぁ…しかし、なんだってこんなことに…


と、考えていたら



「はじめましてっ!!」



と、大きな声が。


「ユウキ(仮名)さんと同じサークルなんですけど、ミナコ(仮名)です!!」


あー、そうでしたか。。
しかし、なんでユウキ(仮名)の学校の女の子が一緒にいるんですか…。


ミ「ユウキ(仮名)さんから話を聞いてて、凄く見てみたかったんですよー」



!!?



おいおい、話って何を…
っていうか、学校違うんだから俺の話をしてんじゃねーよ(´Д`)


そして何より…



今、心の中で考えていた質問に答えて頂きましたが、エスパーですか?



ユ「だってさ、逢いたかったんだってよ」



!!



おい…
そもそも今回の事の発端のくせに、マキ(仮名)さんに誤解(?)を与えるような言い方すんなよ(`´)


と、声にならないツッコミを目でユウキ(仮名)に向かってするのでした。


ミ「ちょっと聞いてもいいですかー?」


と、話を切り出したのはミナコ(仮名)さん。


ミ「二人って付き合ってたんですよね?」



僕&マ「!!?」



ミ「ユウキ(仮名)さんから聞いたんですけど、ひろし(仮名)さんが諦め切れてないって…」



ちょ



ちょ、ちょ



ちょっと待ってくれ!!



酒も飲んでないのにイキナリ過ぎるっていうか、酒が入ってればいいって問題じゃないんだけど、本人が目の前にいるのに何を言ってんだ!!っていうか、ユウキ(仮名)は




とりあえず後で殴る。




遡ること数週間前、ユウキ(仮名)とこんな話をしました。


ユ「こないだマキ(仮名)と合ってさー」


僕「マキ(仮名)って…あの?」


ユ「キミの元カノ^^」


僕「 (^ω^#)


ユ「せっかく可愛いかったのにさー、なんで別れたの」


僕「忘れましたー。つか、どこで会ったの?」


ユ「気になってますね☆学校で会ったんすよ」


僕「え?」


ユ「つい最近知ったんだけどさ、同じ学校でさー。あんま面識なかったから興味なかったんだけどね」


僕「へー」


ユ「友達に、俺と同じ学校の人いるって言われて会ってみたらさ、どこかで会ってるみたいな」


つまり、ユウキ(仮名)とマキ(仮名)さんは同じ大学でミナコ(仮名)ちゃんは二人の後輩にあたるというわけです。


ユ「でね、面識なかったから話題っていったら君の話くらいじゃん?それで盛り上がってさー☆」


僕「別に盛り上がれるほどネタなんかねぇよ…」


ユ「告白の時とか☆」
※いつか書きます。


僕「!!!」


ユ「お前、いつも寒過ぎるんだよ」
※いつか書きます。


僕「別れた時も同じようなこと言ったわ…」


ユ「後悔してんの?」


僕「後悔つーか、電話で別れたのが微妙だったよね…嫌いになったわけじゃなかったし」


ユ「忘れてないじゃん。嫌いじゃないんだ」


僕「好き寄りですよ」


ユ「ふーん」


そんな会話がありました。。。
ユウキ(仮名)の奴、ミナコ(仮名)ちゃんにその話をしやがったに違いない…。


てか



俺よりマキ(仮名)さんが呆然としてる!!!!



このままじゃマズいと思って何か言おうとした瞬間


ミ「まだ好きなんですか?」


ストレートパンチにKO寸前です。。


次回:
最終決着!!
~それぞれの道~
[ 2009/03/24 17:10 ] 男だって涙が出ます | TB(0) | CM(0)

告白。4nd.

まだ続きます(´Д`)


どーも、ひろし(仮名)です。


最初から読んだほうが内容わかる気がしますけど、ここから読んでも大丈夫な気がします。。。



ニヤッとしたユウキ(仮名)に恐怖感を覚えながらも部屋に入ると、ユウキ(仮名)の彼女と


高校の時に付き合っていたマキ(仮名)さん


と、その隣に



誰!!?



初めて合う顔立ちの整った美少女がおりました。


僕「あ、どーもっす」


遅れたくせに気のきいた事も言えず、おずおず奥の席へ。


ユウキ「そこ、俺の席だから」


ん?
あー、ごめんごめん。
でもさ、開いてる場所がマキ(仮名)さんの隣しかないんですけど…。


隣に座るのは気まずいんだけど、ここで抵抗すると更に気まずくなるので大人しくデットゾーンに。


なんで気まずいかって?


実はですね、ちゃんと話し合いがあったとかではなく、時間が経つに連れ互いに連絡しなくなって最後はチラッと別れ話を電話でしたんですけど、自然に消滅していく形で終わり、それ以降は連絡も取り合っていなかったのです…。


〔よくわかる配置図〕
僕 マ ?
テーブル ユ
ユ彼女



しかし、なんだってこんなことに。。
てか、あの可愛い女の子は誰だ。


マ「久しぶりだね…」


女の子に気を取られていた僕は不意打ちにやられ


僕「お、うん、ね!!」


とまぁ、しどろもどろだったわけで。


このままじゃあかん…


僕「髪、伸びたね?」


そうなんです。
マキ(仮名)さんは付き合っていた頃、ややショート気味だったのに、ちょっと長くなっていて。



僕の知っているマキ(仮名)じゃない気がしました。



そんな切なストーリーはいいとして、なんでこんなことになってるんですかね。。。?


状況確認が出来ないまま、このよくわからない話は続いていくのです。


次回:
美少女の正体!!
~まだ好きですか~




どうしたものか・・



絶賛下降中><
[ 2009/03/24 17:05 ] 男だって涙が出ます | TB(0) | CM(3)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。